PCMAXログインはこちら

「ああっ…お願いします…入れてください!」

 

「お願いします御主人様だろ?」

 

「お願いします御主人!私のそのいやらしく溢れるソコに…一気にぶち込んでくださぁぁい!」

 

その願いと共に中にぶち込まれました。

 

「はぁんっ…いいっ…いいっ…これが欲しかったのぉ」

 

媚薬にくわえて、山本さんの大きなものが

 

激しく抜き差しを始めると

 

もう…喘ぎ声は止まらない。

 

おまけに目隠しに手錠をされ

 

その腕を山本さんの頭に通して

 

抱っこされる体勢で下から突き上げられ

 

そしてお尻にも絶えず快感を与えられています。

 

「すごぉいのぉ…あっ…はぁ…んっっ」

 

「あぁっ…ダメぇ…イッても…いいです…かぁ…」

 

言ったと共に返事も待たずに

 

背中を仰け反らせ絶頂を迎えてしまいました。

 

「いいっ…ハァ…って…言って…ハァ…ないだろ」

 

そう言って私を持ち上げ抜くと

 

手で擦り顔に放ちました。

 

「ちゃんと…ハァ…できないから…ハァ…お仕置きだ」

 

そう言ってからキレイにしろと

 

すっかり元気をなくしたソレを

 

舌でご奉仕ししました。

 

かなりオリジナルなSMだけど気持ち良かった。

 

もっと本格的なのも試したいかも?

 

シャワーを浴びて身支度を整えると

 

「生挿入は別料金が発生します」

 

「はい…すみません」

 

「今度やったらお仕置きするわよ?」

 

「はいっっ」

 

山本さんは股間を押さえています。

 

本当は

 

いじめられたい方なんじゃないの?

 

特別ですよぉ?と言ってクリップを付けてあげ

 

ア◯ルバイブにローションをたっぷり塗って

 

入れてあげました。

 

「これは別料金かかりません」

 

ごゆっくり…そう呟いてから

 

部屋を後にしました。

 

山本さん完全にやって欲しいほうよね?

 

甘い声をあげ始めてたもの。

 

もしかしたら、リピーターで指名されるかな?

 

そう考えていると

 

迎えの車がやって来たので

 

それに乗り込みホテルを後にしました。