PCMAXログインはこちら

今回のお相手は、斎藤実さん33歳。

 

駐禁のキップを切られた時の婦警さんが

 

とても可愛らしくて、

 

それから婦人警官萌えになったんですって。

 

ずいぶん呑気ですねぇ。

 

持参した婦人警官の制服に着替え

 

さっそく斎藤さんを

 

逮捕しちゃいまぁーすぅ

 

「ここはぁ駐車禁止ですよぉ?」

 

「従わないならぁ公務執行妨害で逮捕でぇす」

 

ガチャリ

 

斎藤さんに手錠をかけました。

 

そうしてベッドまで連行して

 

ベルトを外し、ズボンも下着も一気に下ろします。

 

「ではぁキップに名前と印鑑お願いしまぁす」

 

上手に書いてくださいね?

 

舌先でお腹に名前を書くように指示します。

 

ペロペロと懸命に舌を這わせて…

 

「はぁぅん…そこ…はぁ…欄外ですぅ…」

 

膨らみの先端までペロペロと舐め、

 

チュウチュウと美味しそうに吸っています。

 

「ちゃん…とぉ…書かな…い…とぉ…」

 

いやぁーん感じちゃう

 

手の自由が利かないせいか息も荒くて

 

それが余計に気持ちぃぃ

 

「あっ…はぁ…ん…さ…いと…さぁ…ん」

 

もうお仕置きですぅ。

 

なんとかその舌攻めを抜けて

 

肘をつかせて、膝をつかせて

 

前屈みの姿勢になってもらいます。

 

お尻も…ギュッと閉じたその…

 

菊門も丸見えですよぉ?

 

菊門に舌先で触れ、ツンツンと刺激する。

 

「おっ…えっ…うぅん…」

 

斎藤さん?嫌いじゃないですね?

 

さらにペロペロと舐めていき

 

時々舌先も差し込むように刺激を与えます。

 

「あああっ…」

 

斎藤さん?セクシーですよ?

 

舌で舐めることをやめないまま

 

手ですでに硬くなったそのモノを

 

強弱をつけ螺旋を描くように

 

さすりながら刺激を与えます。

 

「だっ…だめだ…あ…もう…」

 

お仕置きなんだから我慢してください?

 

「印鑑お願いしまぁす」

 

一気に刺激を与えると白濁したものが

 

勢いよく飛び出した。

 

「朱くないけどぉ朱肉がでましたね?」

 

それで印鑑をお願いします。

 

斎藤さんはお臍にそれを押し当てました。