PCMAXログインはこちら

「昔と違って今は部屋を訪れて行為をすれば
ハイお終いとはいかなくなったのはわかるか?」

 

「はい…」

 

「そこでだ
これからはニーズに応えて出張サービスを始める」

 

「え?」

 

「室内と違いリスクも伴うが…ほのかはどうする?」

 

迷うことはないわ!

 

「ぜひやらせてください」

 

「よし話はついたよろしくな」

 

社長との話を終えて今日の売り上げを渡すと
事務所を出て帰ろうとしました。

 

「ほのか!」

 

運転手の代々木さんに声をかけられました。

 

「たまには食事でも行こう」

 

代々木さんは運転手と言っても、仕事はそれだけじゃないみたい。

 

ただ、いつも迎えは彼が来てくれる。

 

個室の居酒屋へと連れて行ってもらい、

 

あれこれと無理はしてないか?怖い思いしてないか?

 

なんて聞いてくる。

 

「何もないですよぉ楽しくやってます」

 

「そうか」代々木さんは微笑むと

 

「これから始まる出張サービスの時のボディガードは俺が担当するから」

 

そう言って頭をポンポンとされた。

 

部屋まで送ってもらい別れ際に

 

キスをされた…

 

 

その言葉とトロケるキスに感じてしまい、私の秘部は愛液を激しく垂らしていた・・・