PCMAXログインはこちら

コンッコンッコン…

 

ドアが開いて中に入れてもらいます。

 

今回のお相手は、吉田浩一さん36歳。

 

先生になって生徒といけないことをしたいとの願望です。

 

とりあえず持参した制服に着替え席に着きました。

 

最近のラブホは、いろんな仕様の部屋があるのねぇ。

 

黒板に教卓、生徒が座る椅子に机…

 

それらが部屋の一角に設置されています。

 

「それでは授業を始めます」

 

え!

 

ズボンのチャックから出てますぅ!

 

柔らかな皮に包まれたモノが顔を出していました。

 

吉田さんは知らん顔で黒板に、

 

性生活についてと書き始めました。

 

「それではこれについての感想を…」

 

そう言って伸縮棒を取り出すと

 

「はあっんっ」

 

胸の先端を指してグリグリと始めました。

 

「どうした?」

 

「性生活は…ぁんっ…お互い…ぃぃん」

 

やぁんっ弾かないでぇぇ。

 

「なんだ?答えられないか?」

 

そう確認しながら、伸縮棒はスカートの中へと

 

入り込むと、パンティの上からなぞり始めました。

 

「ふぅ…うぅぅぅん…」

 

秘穴や蕾の部分をツンツンと刺激したり、

 

形どるようにクルクルと回します。

 

「や…せぇん…せいぃぃ…あはぁ…ん」

 

「なんだ?ちゃんと答えろ」

 

「せい…せいかぁぁん…つはぁぁぁん」

 

「きも…ちぃぃぃ…こと…がぁ…たいせ…つぅぅぅ」

 

「よく答えられたな前に出てそれを書け」

 

そう言って黒板の前に呼ばれました。

 

チョークを手にしてそれを書こうとすると、

 

背後から手を伸ばし胸を揉み始めました。

 

「あはぁ…ん…かけなぁぁ…いぃん」

 

力が抜けてチョークを落としてしまいました。

 

それを拾おうとすると、

 

「こっちのチョーク使え」

 

すでに皮からも顔をだした吉田さんのチョークが

 

差し出されました。

 

それを両手を包み先端をチロチロと舐め始めました。